「明治用水を考えた偉人」都築弥厚 生誕250年記念

西三河8市の田んぼや畑、工場などで使う水など、らしに欠かせない「いのちの水」をとどける明治用水。その明治用水を考え、実現じつげんのためにくした人こそ都築弥厚なんだ。弥厚がいなかったら今のゆたかな西三河はなかったかもしれない。
まさに西三河発展はってんに大きく貢献こうけんした人だね。そして平成27年は、弥厚が生まれて250 年!その偉業いぎょうにふれてみよう!

測量技術の体験ができるよ!
ページの先頭へ戻る